1. MEMBERS

役員

代表理事

連 勇太朗 Yutaro MURAJI

1987 神奈川県生まれ。
2012 慶應義塾大学大学院 修士課程修了
2015 慶應義塾大学大学院 後期博士課程単位取得退学
--
2012-2013 慶應義塾大学大学院 助教(有期・研究奨励Ⅱ)
2012- モクチン企画設立、代表理事に就任
2013 C-Lab Collaborator(アメリカ、NY)
2013-2014 横浜国立大学大学院Y-GSA非常勤教員
2015- 慶應義塾大学SFC 特任助教 (SFC-SBC)
2015- 横浜国立大学大学院客員助教 (IAS/Y-GSA)
--
「Archi-Commons」という建築デザインを「資源化」し、コミュニティに提供するという設計方法論を考案し、研究と活動を行なっている。

副代表理事

川瀬 英嗣 Eiji KAWASE

1988年生まれ。武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒。2009年より当活動に参画。 在学中より家具・インテリアプロダクトのデザイン製作や展覧会等の企画運営を行う。現在、 様々な領域を横断しながら活動を展開中。2009年黄金町バザール「cagg&zakkana」企画運営、  2010年銀座ギャラリー悠玄「回展」企画出展、 2011年TDW2011「木造賃貸アパート再生 ワークショップ」ブースデザインなど。

理事

大島 芳彦 Yoshihiko OOSHIMA

株式会社ブルースタジオ専務取締役、クリエイティブディレクター。建築家。 武蔵野美術大学建築学科卒業後、米国SCI-Arcに学び1998~2000年石本建築事務所勤務。2000年~ブルースタジオ。ラティス青山などの大規模コンバージョンプロジェクトを手掛ける一方、中古区分所有マンションのフルオーダーリノベーションのサービスを展開。一般社団法人リノベーション住宅推進協議会理事。一般社団法人HEAD研究会理事。

理事

土谷 貞雄 Sadao TSUCHIYA

株式会社貞雄代表、コンサルタント、建築家、住まい、暮らしに関する研究者、コラムニスト
1960 東京生まれ
1989 日本大学理工学部修士課程修了
1989 イタリア政府給費留学生、ローマ大学
1994 帰国、ゼネコンにて施工、設計、営業などの業務を経験
後半は住宅部門の商品開発などに注力。
2001 M&Aコンサルタント企業に転職。住宅系の営業支援業務を行う
2004 良品計画のグループ会社ムジネット入社
2007 ムジネット取締役に就任(この間、無印良品の家の事業を責任者として推進)
2008 ムジネット退社、コンサルタントとして独立

2008年コンサルタントとして独立。商品開発からプロモーションまでを見据えた一貫した住宅商品開発支援を行い、販売にまで繋げるためのwebコミュニケーションをつかったものづくりや共感の仕組みづくりを多くの企業に導入している。また暮らしに関するアンケートや訪問調査を様々な企業のウェブサイトで実施。現代の暮らしに関する知恵を集め未来の暮らしのありかたを提案し続けている。業務以外に住まいに関する研究会「HOUSE VISION」(代表原研哉氏)の企画運営を行い、2013年に東京お台場で大規模な展覧会を実施。その後は日本だけでなく、アジア各地で研究会や、暮らしに関する調査やイベントを定期的に行っている。各地での建築家や研究者、企業との幅広いネットワークを構築している。

理事

天野 美紀 Miki AMANOMANO

1978年生まれ。アトリエ・天工人、ブルースタジオを経て2010年atelier E03(アトリエ イーゼロサン)を設立。主に個人住宅・集合住宅・店舗のリノベーション・設計・デザイン監修を手掛ける。ブルースタジオ在籍中に「大森ロッヂ」の設計監理を担当し、独立と同時に移住。同物件の運営管理に携わりつつイベント企画も行っている。 3.11以降は一般社団法人ISHINOMAKI2.0理事として石巻の街づくりにも携わる。

監事

林 賢司 Kenji HAYASHI

1986年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。より良い社会には個々人の意志と自発性が尊重されたコミュニティが必要と考え、在学中から町づくりのプロジェクトに携わる。2009年長野県『白馬村新民宿宣言プロジェクト』への参加をきっかけに起業。2012年より、学生が「町長付」に就任する町づくりプログラム『Innovation For Japan』の共同代表を務める。

スタッフ

一級建築士

山川 陸 Rick YAMAKAWA

1990年 埼玉県生まれ、神奈川県育ち
2009-13年 東京藝術大学美術学部建築科
2013-15年 松島潤平建築設計事務所
2016年よりモクチン企画へ参画

在学時は会場構成・舞台美術・店舗内装の設計施工を中心に活動。
松島事務所での担当作に育良保育園(2016年日本建築学会作品選集新人賞)、Triton、Text等。
設計活動と並行して建築理論研究/実践検証のユニットとして超ポストモダン研究会/山田橋を共同主宰。

システムエンジニア

中村 健太郎 Kentaro NAKAMURA

1993年大阪府生まれ、和歌山県育ち。慶応義塾大学SFC卒業。学部一年次より同大学松川昌平研究室にてアルゴリズミックデザインの研究を行っている。2014年よりモクチン企画システムエンジニア。

学生スタッフ

2014年プロジェクトメンバー
[所属は当時のものです]

山室興作(慶應義塾大学)

亀岡千花(慶應義塾大学)

中村健太郎(慶應義塾大学)

稲田玲奈(慶應義塾大学)


過去のメンバー

クリックで表示します。

2. OFFICE

団体名称特定非営利活動法人モクチン企画
(法人化以前の名称:木造賃貸アパート再生ワークショップ)
設立年度活動開始:2009年4月
法人設立:2012年9月7日
役員 代表理事 :連 勇太朗 Yutaro MURAJI
副代表理事:川瀬 英嗣 Eiji KAWASE
理事   :大島 芳彦 Yoshihiko OOSHIMA
理事   :土谷 貞雄 Sadao TSUCHIYA
理事   :天野 美紀 Miki AMANO
監事   :林 賢司  Kenji HAYASHI
アドバイザリーボード
(順不同・敬称略)
・小林 博人 Hiroto KOBAYASHI
 (慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科 教授)
・上山 信一 Shinichi UEYAMA
 (慶応義塾大学 総合政策学部 教授)
事務所所在地東京都大田区蒲田1-2-16
事業内容

1. 木造賃貸アパートおよびそれに類する建物の再生のための
  コンサルティングおよび修繕・改修事業
2. 木造賃貸アパートおよびそれに類する建物の再生手法を普及
  するためのマニュアル開発管理事業
3. 木造賃貸アパートおよびそれに類する建物の調査研究事業
4. プロジェクトの広域的普及のための啓発活動および講演・
  セミナー・出版事業
5. その他の、この法人の目的を達成するために必要とする事業

3. MAIL

info[at]mokuchin.jp

([at]を@にかえて送信してください)

4. ACCESS

〒144-0052
東京都大田区蒲田 1-2-16


地図を全画面表示にするには、右上をクリックしてください。