svptokyo

SVP東京の投資・協働先に採択されました。

この度モクチン企画は「ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)」の投資・協働先に採択されました。 「木賃アパートを社会資源に転換し、つながりを育むまち・社会を実現する」というビジョンに向かって、さらなる飛躍を目指します。


SVP東京とは

SVP東京は、社会的問題の解決に取り組む革新的な事業に対して、資金の提供及び経営支援を行う団体です。 パートナーと呼ばれる専門性を持つメンバーが、自らの時間、資金を投資し協働を進めるというユニークな支援のかたちを実践しています。 これまでも日本を代表するNPOやソーシャルベンチャーへの投資・支援を行い、社会課題解決のための事業のスケールアップ・スケールアウトを実現させてきた実績のある団体です。 http://www.svptokyo.org/


協働に至った経緯

モクチン企画は木賃アパートに関連する様々な問題の解決に取り組んできましたが、法人化から4年経ち、 こうした取り組みをより広くより早く展開してくために、事業規模を拡大する方法を検討してきました。 そうしたなかで、今回のSVP東京による投資・協働の実現に至りました。 採択にあたっては、都市のハード面から社会問題にアプローチする、建築領域ならではの発想・方法が高く評価されました。

建築系のスタートアップであるモクチン企画がこのような団体の投資先・協働先に選ばれたことは、 単に私たちにとっての転機であるというだけでなく、建築・まちづくり分野による社会問題解決に新たな実践の可能性を開くものだと考えています。


協働の内容

SVP東京には、中長期の事業プランの見直しや組織の再構築にむけ、資金面・技術面のサポートをいただきます。 まずはこれから2年間の協働がスタートします。事業の核であり、ビジョン達成のツールであるモクチンレシピのサービスを見直し、 木賃アパートの改修を通していきいきとした地域社会を実現する社会インフラとして発展させていきたいと考えています。 SVP東京による支援・協働を通じ、モクチン企画は次のステージを目指します。