モクチン企画

都市デザイン協働体
モクチン企画

モクチン企画は、戦後、大量に建てられた木造賃貸アパートを重要な社会資源と捉え、再生のための様々なプロジェクトを実践しているNPO法人です。 2011年より「モクチンレシピ」という改修のためのデザインリソースをウェブ上で公開し、様々な主体に提供することで豊かな都市と生活環境の実現を目指してきました。
私たちは地元密着型の不動産管理会社をはじめ、住み手、家主、工務店、行政などあらゆる主体と恊働し、 モクチンレシピを通して有用なアイディアを広めていくことで都市空間を更新するためのネットワークを構築します。 モクチン企画は、今までにない革新的な都市デザインのあり方を実現したいと考えています。

URBAN DESIGN
COLLABORATORS

MOKU-CHIN KIKAKU is a Tokyo based non-profit organization that concentrates on the renovation of Japanese wooden apartments (known as "MOKU-CHIN") . Since 2011, we have been developing an open source, online design tool named "MOKU-CHIN RECIPE".
Our aim is establish a platform in which we can empower the general public to redevelop their living environments. Through our collaboration with people across a range of sectors, MOKU-CHIN KIKAKU is devoted to revolutionizing urban design through our unique and flourishing methodology.

モクチンレシピ

私たちの活動の基盤となっているのが、モクチンレシピです。すべての改修事業はモクチンレシピをもとに行われており、日々新しいレシピの開発に取り組んでいます。 モクチンレシピの説明は、「モクチンレシピとは」をご覧ください(下のリンクより、別サイトを開きます)。
モクチンレシピ
私たちは地元密着型の不動産管理会社をはじめ、住み手、家主、工務店、行政などあらゆる主体と恊働し、 モクチンレシピを通して有用なアイディアを広めていくことで都市空間を更新するためのネットワークを構築します。 モクチン企画は、今までにない革新的な都市デザインのあり方を実現したいと考えています。

MOKU-CHIN RECIPE

In order to make Moku-Chin apartments into valuable social resources, Moku-Chin Kikaku developed an open source design tool named “MOKU-CHIN RECIPE”. Instead of designing and planning the entire house one by one, MOKU-CHIN RECIPE empowers people such as landowners, Real-estate Companies and tenants by giving them versatile design solutions to renovate Moku-Chin apartments. Since many Moku-Chin apartments share their characteristics such as their construction system, planning patterns, building elements, etc. it is possible to develop broad renovation ideas/methods that will be applicable to each Moku-Chin effectively. By accessing the web site, one can search for useful ideas in order to redevelop their dwellings and neighborhoods. Currently, there are approximately 50 ideas on the web site and ideas and details are regularly updated.

木賃アパートとは?

本プロジェクトは60年代から80年代に都市の急激な人口増加に対応するため建てられた、木造賃貸アパートを対象としています。 70年代、東京では都民の4分の1にあたる60万世帯がこうしたアパートの住人だったと言われています。しかし現在、老朽化、収益性の低下、前近代的機能の点から、 木賃アパートはその役割を見直す時がきています。しかし、多くが個人の所有であるため、建て替えや大規模改修のための資金調達も困難であり、 更に法規上の課題も多く抱えています。周辺地域の中で木賃アパートは、決して良好的な環境を形成しているとは言えません。 そのため、抜本的な対処策が期待されています。また、 以前の主な住人であった若者は、プライバシーやセキュリティーなどの価値観の変化から 80年代以降大量に供給された ワンルームマンションやワンルームアパートに住むようになり、木賃アパートの空室率は上がるばかりです。

What is MOKU-CHIN?

MOKU-CHIN is a typical type of Japanese apartment (“Moku” stands for “wooden”, “Chin” stands for “rent”). Moku-Chin were built in the 50s through to the 80s in a time of high economic growth in order to react to the inflow population, a huge population migrating from the countryside into the cities. Therefore, Moku-Chin apartments have been an important building typology for many people as a common dwelling environment. However, the vacancy rate of Moku-Chin apartments are increasing due to inadequate structure, layout and decrepit facilities as these are always problems when the owner tries to rent the space. There is a large quantity of Moku-Chin apartments (approximately 300,000 just in Tokyo) spread in urban areas, but owners and Real-estate Companies are lost as to how to utilize them. Our aim is to reinvigorate MOKU-CHIN apartments as an important social resource and break the vicious cycle in order to redefine its social role.